初給料で天気は曇りでも心うきうき!が働き方改革のゆくえは?

Pocket

4月もはやくも後半に差し掛かりました。
新入社員にとって初給料日。
大多数の会社か4月25日だそうですね。

初月給というのをもらうのは、新入社員のあなたも
初めてでしょうね。
ご気分はさぞかし、ルンルンなのじゃないですか。

学生時代にはアルバイトでお金を稼いだ経験はあるかと
思いますが、その数倍の金額が通帳に振り込まれるとなると
今までの就活の苦労も、報われた気分になりますね。

又振り込まれた給料を何に使おうかと思いをめぐらしている
時が至福の幸せ感に浸る一生に一度の経験ですね。

過去に何度か新聞や他のメディアで初給料の記事は
取り上げられたことがあったので
驚きはしませんでしょうがうれしいものですね。

私も初給料を頂いた時は嬉しかった記憶を思い出します。
何十年も昔の出来事でしたが鮮明におぼえています。

お世話になった人に感謝の気持ちを、
伝えてあげてください。
きっと共に喜んでくれるとおもいますから!!

さて今回の話題は前置きの反対で給料を支払う側のことや、
その周辺におきている主な変化について書いてみました。

年度代わりの4月は各企業が経営計画をたてて、内外に発表する
季節です。

例にもれずに私もA社と昔から長年のおつきあいで4月始めに
その会社の経営計画発表会に毎年参加させてもらっています。

そこで社長が一番頭を悩ませていることが「働き方改革」の実施
についてのことでした。

ちなみに政府が提唱している改革案は概ね次のようなものです。
政府案の抜粋です。平成30年4月6日 国会提出

↓ ここから
・少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少

・育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化

・こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上

・就業機会の拡大や意欲

・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題

・「働き方改革」は、この課題の解決のため、

  働く方の置かれた個々の事情に応じ、

  多様な働き方を選択できる社会を実現し、

  働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるように

  することを目指す。

なおかつ具体的な項目では

・病気の治療と仕事の両立

・賃金引上げ、労働生産性向上

最低賃金を年率およそ3%に引き上げ、

全国加重平均が1,000円になることを目指す

・子育て・介護等と仕事の両立

・障害者就労の推進

・外国人材の受入れ

・女性が活躍しやすい環境整備

・若者が活躍しやすい環境整備

・雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保⇒ 同一労働同一賃金

正規・非正規雇用にかかわらず、

労働実態が同一であれば基本給を均等にする。

・長時間労働の是正⇒ 長時間労働削減に向けた取組

時間外労働を規制する36協定では罰則をもうける

パワーハラスメントやメンタルヘルス対策の強化など

↑ ここまで

要するに中小企業の経営者にとっては、頭の痛い改革だという事です。
反対に働く側にとっては、より良い労働条件になるのは事実です。

未だに中小企業では、少ない賃金を多くするための自主残業
や休日出勤をしている人もいるので、
いちがいに労働者がよくなるという論理にはならないでしょう。
そのために生活資金が不足する人もでてくる可能性もあります。

いずれにしても良いことばかりではどうもなさそうですが
近々に法律自体は成立するでしょう。

まず実施し将来不都合がでれば、改正するという日本的なやり方で
すすんでゆくのは目にみえています。

この点を心配する中小企業主が多く、出席したA社の社長も力説
していました。

ただ経営者のみが不利になるのかというとそうでもなく、働く人も
労働時間が実質短縮され、ノルマは一定ゆえ労働の密度は濃くなり
かえってきつくなるかもしれません。

これを機に少子高齢の社会を乗り越える策と日本経済を現状や
現状維持で持続させる仕組み作りの契機にしたいようです。

過去何回も危機を乗り越えてきた実績と知恵で
この危機をも生きながらえる大手術でしょうね。

経営者・社員の両方が共存共栄してゆくことを求められた時代に
なったということですね。
より良い知恵を出しつつ双方の共生を模索してゆくとともに
社内的には、総合的な体制の見直しをする好機ととらえましょう。

もうそんな時代が進行しています。
いろいろな現場で様々な実践が現在進行形で進んでいます。

ではでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする