さぬきの名所や名物の紹介・うどんや骨付き鳥は絶品!

さぬきよいとこ一度はおいで!うどんは旨いし景色はきれいし!!

 


今回から香川県(さぬき)の有名な観光地についてかいたブログを
立ち上げて、記事を綴っていきます。香川にも一度行ってみようかと思われている方は是非道しるべにご覧になってください。

 

ところで香川県の位置はどこ?

<[su_gmap address=”日本 四国 香川県”]/p>

 

香川県は四国にあります。
ひと昔前に東京へ出張する機会がありました。
そこであった本当の話です。

 

 

出張先の女性に「どちらからお越しですか」と聞かれたので
香川県です。と言ったら「香川県ってどこにあるのですか?」
と聞かれました。

 

 

真顔で聞くものだから、冗談じゃないとおもいつつも、また
馬鹿かとも思いながら、四国の金毘羅さんがある香川県です。
と答えたのを記憶しています。

 

 

縄文時代からでもタイムスリップしてきたのじゃないかと
不思議そうな顔をしたのを未だに忘れません。

 

 

確かに日本でも大阪と同じくらいの小さい県なので忘れられる
のも、無理はないです。

 

 

で分かり易くなったと思います。
香川県の人口は96万人前後で、例にもれず人口減少が続いて
いる県です。

 

 

万葉集に「玉藻よし讃岐の国は国がらか見れども飽かぬ」
と万葉の昔からありました。

 

 

 

県庁所在地は高松市です。
昔はここから宇高連絡船がでていました。対岸の岡山県への便です。関西汽船がでていました。大阪への直行便です。

 

 

 

今は瀬戸大橋ができまして30年がたちます。
2018.4月には30周年の記念式典があります。
ブルーインパルスがくるとのもっぱらのうわさですが、
どうもがせネタらしそうです。

 

 

 

以前からのうどんの産地で、うどん屋さんの多い県です。
確かにおうどんはおいしいたべもので、うどんツアー
言ってうどん屋を何軒か食べ巡るツアーによく出会います。

 

 

 

紹介がおくれましたが、自己紹介をしておきます。
私は生まれも育ちも香川県です。

 

 

 

香川県内で建築設計事務所を自営しながら、書くことが
すきですので、ブログを書き始めた男性です。

 

 

 

香川県はそのむかしは(さぬき)といいました。
明治になり12代松平頼寿は30年以上貴族院の議員を務め、
伯爵としては異例の貴族院議長に就いた過去があります。

 

 

 

昔は偉人も政界にも名だたる人を輩出したのですが、今は
平均的なひとが多い県です。

 

 

 

全国的な傾向とおなじくで、人口減少、シャッター通りの増加
中小企業の後継者不足と同時に廃業が続いています。

 

 

 

もう後戻りはあり得ないとおもわれます。
そして都市計画のやり方がまずかったのか、かっての中心街が
南へ南へと移って行き、今さら急いで手をうっても時すでに
時期おそしです。

 

 

 

全国で唯一市街化調整区域をはずした結果こうなったのです。
100年後の人達がどう評価するでしょうかね。

 

 

 

そんな中でも見どころはありますよ。
栗林公園、金比羅さん、ロト7が開始されたときに1等8億円が
同じ人に2本でた町にある、銭形公園等々有名なところが沢山
あります。

 

 

 

それらをこれからブログで紹介してゆこうと思っています。
最近は外国の観光客が多く見られるようになりました。

 

 

 

飛行場も立地条件がよく、また離着陸がすぐそこで見られて
迫力満点の良い施設です。
土日なんかは駐車場も満車で見られない時があります。

 

 

 

子供連れのお父さんやお母さんは、横に子供の国が併設され
気候の良い時は、恰好の遊園地になっています。
外国への直行便もふえつつあるので、直接香川県へくる人も
多いとききます。

 

 

 

このブログを通して香川県の観光地や食べ物や名物を
お伝え出来ればと思っています。
そして関東地方の人も四国という温暖で且つ災害の少ない所
足を運んでいただきますように、魅力的な楽しみ方をご紹介致します。

 

 

 

このブログの主旨をご理解していただければ有難いです。
プロローグはこのあたりで終わりにします。

 

 

 

次回から見どころを紹介してゆこうと思います。
どうかご高覧のほどをお願いいたしますです。はい!!

 

ではでは~

2018年8月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

▲トップへ戻る