90%の心配事や悩みは現実化しないそうだとよ

Pocket

ちょっと息抜きのために他の話題を少しかきます。
あなたも肩の力をぬいて気楽に読んでください。

最近ある禅宗のお坊さんの書いた単行本が息子から送られてきました。
その本のタイトルは「心配事の9割は起こらない」というものです。

お断りしておきますが、この本の宣伝ではありません。
世の中にはそれぞれが何らかの悩みを心に持ちながら
毎日を過ごしていると思います。

お金持ちでも、そうでない人でも、悩みをもちつつ、
生活しているのが、実情ではないでしょうか。

私は戦後世代に属するので、あまり宗教とは縁の無い
人生を送って現在まで生活してきました。

一概には言えませんが、考え方において日本人は宗教心が
あまり無い国民性であるように思います。

戦後の成果主義の教育からが、宗教には無縁でした。
もちろん例外はたくさんあることを充分に承知 の上での話です。

産めよ増やせよ、所得倍増計画、経済優先主義 学歴社会、
工業優先主義政策等が何より優先されました。

しかしこの一冊の本に、やさしく解説されています。
目新しいことではないのですが、 再度人間生活の知恵として、
再考してもよいのではとおもいます。

禅が教えてくれてる事をやさしく解説されています。
其の内の役立ちそうな文章を気休めに書いてみました。

心配事の先取りをせず、「いま」「ここ」だけに集中する。
要約するとつまりは下記の様に、

・悩むより動くーーーーーーーその方がうまくゆく

・人と比べないーーーーーーー『妄想』の9割が消える

・前向きにとらえるーーーーー幸せはあなたがきめる

・「お先にどうぞ」ーーーーー求めない、あせらない、こだわらない

・「朝」を大切にするーーーーこころに余裕をつくる

・余計なことを調べないーーー情報の暴飲暴食はやめる

・「競争」からはなれてみるー禅的「不安のとうざけかた」 と言うことです。

あなたがおかれている立場立場で、ご理解してくださいね。
というのは必至になって大学入試に邁進している方は、
そんなのんきな心境にはなれませんよね。

そう、人生は矛盾だらけです。
だからこそずいぶんお手本にになるのですね。

禅はそんな悩みをもった人達の心を、ふとした言葉や行動が
うそみたいに軽くするきっかけつくりの装置なのです。

つまり心が軽くなる仕組み化、自動化の装置です。
禅以外にも立派な教え、導きの宗派、宗教は沢山ありますが
たまたま禅の書籍が目の前にあったからそれを文章にしました。

昔から心は「ころころかわる」からこころという
「忙しい」はこころが亡びてずたずたになる
状態のことを言うということはご存じでしょう。

そのように先人は後世の人に伝えました。
なるほどと納得する人も多いと思います。

いそがしさの中でとんと忘れていた言葉です。
このブログもあなたにとってちょっと面白いなぁ、
なんか心が軽くなるなぁ、モチベーションが上がるなぁ、
そんな内容にしたいと思って入ます。

そしてあなたの考え方をポジティブ(良い方向)に、
考えられる記事を書いて行きたいと思っています。

その結果あなたの人生が豊かになるのを願っています。
そしてこの本の題のように、心配事の90%は現実化しないので
余計な心配しないでプラス思考と勇気でもって毎日を過ごしましょうね。

ではでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする