2018年が始まりました! 世界中が平穏な1年でありますように!!

Pocket

明けましておめでとうございます。
2018年があなたにとっても良い一年であるよう努力しましょう。

 

月並みな年頭の挨拶で今年も始まりました。
今年は連休をいれると1月8日までも休暇がとれます。

 

タイトルで書いたように、世界中が平穏ということは
不可能なことなんでしょうかね。

 

大昔の人などは信じられないでしょうね。
地球の土地があらゆるところで動いているという事実を。

 

現代の人々もここ最近この情報を共有できたのではないですか。
かれこれ50年も昔に聞いたことがあります。

 

学者先生が言ったことです。
もう50年たったら台風は風速100m/sの風をもたらします。

 

今建っている住宅はことごとく飛ばされることでしょう。
だって窓に入っているガラスの厚さは3mm、4mmですよ。

 

理不尽極まりないです。窓ガラスが割れれば風が室内にはいり
室内側から屋根や壁をふきとばしてゆきます。

 

そんな大切なことをしらずして、家をビルを建設しています。
誠に日本は不思議なくにですね。といっていました。

 

この類のことは今もなんの疑問もなくこの国の人たちの思考の
中にあぐらをかいていすわっています。

 

昔の元寇とおなじ神風的思考なんですね。
それが阪神大震災、東北大震災、福島原発問題、熊本大震災と
大水害をひきおこしました。

 

絶対におこるはずない事象が絶対に起こるのです。
その意味で今年も用心しなくてはなりません。

 

自然災害や国際間の紛争など、地殻も地表も人々も動いているのです。
万物が動いているのです。

 

このタイトルはひとつのアンチテーゼです。
願い、祈りに近い心のさけびでだと思います。

 

そのためには行動しなければなりません。
考えて行動せねばなりません。

 

私は原爆2世です。
父が長崎で被爆しました。

 

父はすでに26年前になくなりました。
原爆の後遺症ですが、この国は殆どなんにも保障はしてくれません。

 

幸い私にはそれがための症状はありません。
だがまだ余生の内に発病するやもしれません。

 

原爆の火が四国八十八ケ所結願寺の八十八番札所大窪寺に一年中
ほのかなひかりを放ちゆらゆらと燃えています。

 

森羅万象すべてなんらかのハンディをもっています。
しかしながら太陽の差し込む光はなんともたとえ難い柔らかさが
あります。

 

世界中の宗教はすべてが主題ですよね。
光は全世界を照らすからでしょう。

 

お正月から難しそうなご託をならべずに実生活を維持しつつ
健康にも早め早めの予防をして、少しでも世間を多く見たい
と思っています。

 

このブログの主旨は現20代の若者が夢や希望のもてるように
共に考え、行動するのが目的です。

 

最近マスコミがスポーツにしろ、将棋、囲碁、田舎移住の
ことを盛んに特集しています。

 

誠に結構な風潮になってきました。
ただ一番になることに集中するあまりの記事が多くなって
きすぎている記がしてなりません。

 

その人達の後ろには何十倍、何百倍の人たちが努力をしている
ことを、われわれも特にマスメディアの報道も考慮して欲しい。

 

この修正資本主義のなかでは、少なからず仕方ない事実ですが
われわれ一人一人の心のなかでは、日陰のひとも一緒だと
心得る必要があります。

 

そんな理想の世界感がうまれてゆくきっかけを若い人は
創作し、発信していってほしいとつくづくおもいます。

 

託せるのはあなた達です。
世界中の人が平穏な一年を過ごせますようにと年頭に
思った次第です。

 

われわれも共に助け合いながら、縦横のつながりを大事に
精進努力し、共感できる世界をめざしましょう。

 

そうすれば、きっと良い風がわれわれを包みます。
そうならんことを切に望みながらの年頭のご挨拶にします。

 

ハッピーニュー・イヤー !!

カテゴリー 2018年頭にあたって

この記事を書いた人 :