ヘルペスの原因と症状に合った医院の選び方で気をつけること!!

Pocket

前回は私の糖尿病やヘルペスについて書きました。
その予防対策で食事制限、運動を必ず毎日実践することを
書きました。

 

そんな味も素っ気もない生活について書き綴りました。
でも人間って習慣化すると、かえってそうせざるを得ない
ように日々なってゆき成果がでてくるものですね。

 

当たり前のことと言えばそれまでですが、実践を習慣化
するのが普通にできると、モチベーションがぐっと上ります

 

行政の方からも対糖尿病対策プログラムに参加しましょう、
という案内がきました。

 

月末にもう一度再検査してから、その結果ダメな判定が
でると参加しますので、返事は保留させて頂きますというと、
「よろしいですよ」という回答もらったのであとは続けるのみ。

 

正直言って寒い中外を歩くのは、辛いなあと思った以外は
スムーズにいっています。

 

耳のヘルペスも95%治ってきました。
「ヘルペスの原因はなんですか」と医者に尋ねると「体の抵抗力
が減ってきた時にウイルスがでてきて悪さをする」のだそうです。

 

それと子供の時みずぼうそうをした人が「 水痘帯状疱疹ウイルス」
なるウイルスを持っていて、それによって感染するそうです。

 

また免疫機能が低下していると体内にいたウイルスを
おさえこむ力が弱くなるためよりウイルスが増えてしまう
のだそうです。

 

「ヘルペスウイルスは一度感染すると、
症状が 治まっても体内に住み続けるのが特徴です」と先生いわく。

 

そいつが季節的には決算期、連休後、お盆後、12月の暮れなど
疲労が重なる時に暴れ出すのが多くみられるそうです。

 

また完全にはなおらないので、再発の可能性があるそうです。
一生ウイルスが私の体の中にい続けるのだそうです。

 

「だから体の免疫力がおちると、再発する可能性があります。
特に唇なんかによくでてきますね。」と言われる始末。

 

それを聞くとそれも怖くなりました。
「そうですか、そうですか」と先生の言葉を聞くしかありません。

 

厄介なものを持って生まれてきたものです。
だから体を鍛えて、筋肉をつけ、抵抗力をつけてゆく
しか方法はありません。

 

前後しますがヘルペスの痛みは針で刺したような痛さです。
それが1日中続いたらいくら頑強な男でもたまりません。

 

すぐにかかりつけ医に診てもらって耳鼻咽喉科を紹介
されました。
耳たぶの外側にできたのでそう判断されたのでしょう。

 

しかし本来は皮膚科の範囲のようです。
インターネットで検索してみるとやはり皮膚科が一番ですね。

 

耳鼻咽喉科では、聴力検査とビタミン剤と塗り薬の治療です。
その間5分、もう3回目で殆どきれいになったのと、
まだまだ引っ張られそうなので自己判断でやめました。

本当は今日耳鼻咽喉科の診察の日ですがさぼりました。
今度出来れば皮膚科にしようと思っています。

 

まぁ耳の検査もして頂いたのでいい方にとらえれば
よかったと判断しています。

 

またお医者さんからくれるお薬手帳は大変役に立つ
と今回つくづく実感しました。

 

何故ならば私のような場合、同じ薬がだされるのを
事前に防げて、しかも安くなりますよね。

 

一つの病院ばかりで治療していると他の病気をした時
には戸惑うこと多いですので、日ごろから整理しておくべき
ですね。しみじみと思い知らされました。

 

こんな事は体験してみて初めてわかることです。
この記事が今後あなたのお役にたてればと思って書きました。

 

あなたも体力に自信があると自負するだけでなく
定期的な診察はとても大事であり受けてくださいね。

 

健康第一です・・・!!

 

ではでは~

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018年9月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

▲トップへ戻る